病院でwifiが利用できるメリット

病院では携帯の電源をお切りくださいというポスターをよく見かけませんか。治療に通われている方や入院患者の方が使っておられる機器に影響が起きてはいけないからですが、もちろんそういう場所では電源をオフにする必要があります。しかし、同じ院内でも場所によっては携帯を使ってもよい場所というのが表示されていることがあります。その病院によって違いますが、待合室や談話室ではオッケーだというところが多いようです。また、入院されている場合、個室ならばよいということもあります。手術室のある階はだめということもあります。すべてその医療施設によって違いますから、表示などを見ながら気を付けるべきで、多くの体調が悪い方がいる場所ですから、なおさら気を配る必要があります。

病院側と患者側のwifi使用のメリット。

wifiが利用できることで、医療施設側としては職員同士の連絡が取りやすくなりますし、受付業務や会計業務も迅速にこなせるようになります。患者やその家族側にとってのwifiは、やはり連絡を取り合うことに便利です。急な入院になったときなどは大変重宝します。それに特に入院中には便利で、在ったほうが良いものとなります。入院中は体の調子も思わしくないこともありますが、やれることが少なく、家ならばまだもっと時間を使えることもありますが、手持無沙汰なことが多いのが普通です。wifiがあれば、料金を気にすることなく家族や友人に連絡が出来ますし、インターネットで調べ物をしたり、動画を楽しむこともできます。そのように医療施設側にも、患者側にも使うメリットが多いのは間違いありません。

利用していくうえでの課題、注意点。

このように大変便利で、今やなくてはならないようなものではありますが、使ってはいけない場所が明示されているならばそれに従うのは当然のことですし、使えたとしても、音や声が人の迷惑にならないように配慮をするのは当然の義務です。体調を崩して入院をしているのに耳障りな音や大きな声は本当に迷惑で体を休めることが出来ません。特に個室ではない場合には使用が禁止されているものですから、そのルールをしっかり守るべきで、電話は、談話室まで出て行ってから小さな声で話すべきです。どうしてもという場合でも、看護師さんに了解を取ってから、動画などはイヤホンをつけた状態で見るべきでしょう。了解が得られない場合は必ずそれに従わなければなりません。自分だけ良ければよいという考えは、そういった調子の悪い人がいる場所では特に慎むべきです。